こだま幼稚園は認定こども園です。

お気軽にお問い合わせください。
027-326-3055

合言葉は「ダック」と「タヌキ」

7月3日(水)に、ホールにて防災教室が行われました。

地震や火事の時にどのように身を守ると良いのかや、火傷をした時にどう対処するのかを教えて頂きました。

地震の合言葉は、「ダック」のポーズで頭を抱えてしゃがみ、小さくなる。

ダックのポーズ

火事の合言葉は、「タヌキ」のポーズでハンカチを鼻と口に当てて、小さくなり、煙を吸わないように逃げる。

タヌキのポーズ

それぞれ地震(あひる)・火事(たぬき)のイラストが描いてあるパネルを見ながらポーズの練習をしました。

素早く真似をしながら上手に練習することができました。

 


地震が起きた場合、どこにどのように逃げることが正しいのかを実際に映像を見ながらクイズも行いました。

大きな声で答え、参加する姿が見られました。

他にも、洋服に火がついた時は、「STOP(止まる)・DROP(倒れる)・ROLL(転がる)」をして、すぐには洋服を脱がずに冷やすことを学び、洋服に火がついてしまったことを想定し、「早く消さないと危ないね」という声と共に床に倒れ、転がっていました。

最後には、園でもしている避難する時の約束として
=押さない、=走らない、=しゃべらない、=戻らない」
を確認しました。

いつ地震や火事が起きても、自分の身は自分で守り、落ち着いて行動ができるように幼稚園でも避難訓練をしています。

ご家庭でも、避難の仕方や身の守り方を確認してみましょう。(松井)


(最終更新日2019年07月16日)
トップページ » 幼稚園日誌 » 2019/07/17 令和元年度防災教室 合言葉は「ダック」と「タヌキ」