こだま幼稚園は認定こども園です。

お気軽にお問い合わせください。
027-326-3055

防災教室「いかあし」「おかしも」のお約束

1月24日(木)に、ホールにて防災教室が行われました。

地震や火事の時にどうやって身を守ると良いのかや、火傷などした時にどう対処するのかなどを教えて頂きました。

地震・火事での合言葉を教えて頂きました。

地震では「ダック」のポーズで頭を抱えてしゃがみ、小さくなる。

頭を守る

火事では「タヌキ」のポーズで濡れたハンカチを鼻と口に当てて小さくなり、有毒な煙を吸わないように逃げる。

鼻と口を押さえる

それぞれ、地震(あひる)・火事(たぬき)のイラストが描いてあるパネルを見ながら、ポーズの練習をしました。

素早く動きながら、「ハンカチの代わりにマスクでも良いね」など、友だちや先生と考える姿もみられました。

また、映像で火事の元になることを探したり、119番のかけ方を実際に口に出して練習をしました。

他にも、洋服に火がついた時は「STOP(とまる)・DROP(倒れる)・ROLL(転がる)」をして、すぐには服を脱がずにまずは冷やすことや、消化器の使い方は「ピン・ホース・レバー」で中の液をかけることなども教えて頂きました。

消化器の使い方

最後には、命の合言葉として「おはしも(押さない、走らない、喋らない、戻らない)」を教えて頂きました。

身の回りでいつ地震や火事が起きても、落ち着いて行動出来るように、園でも避難訓練で確認しています。ご家庭でも話題に出してチェックしてみましょう。(山本)


(最終更新日2019年01月30日)
トップページ » 幼稚園日誌 » 2019/01/30 H30年度防災教室「防災ダック」のポーズで身を守ろう