群馬県高崎市にある こだま幼稚園の公式ホームページです。

お気軽にお問い合わせください。
027-326-3055

オーストラリア原産で、メスが毒を持つ『セアカゴケグモ』が2014年9月26日に東京都内で初めて見つかりました。

群馬県内でも2013年1月に2例発見されています。

噛まれると、痛みや発熱が数時間から数日続くことがあり、他にも症状が長く続く可能性があるので、見つけても素手で触らないようにしてください。

特に、子どもは腹の赤い部分が珍しく、近寄ってしまうおそれがありますので、ご家庭でよく話して聞かせてください。

写真は県のホームページに掲載されています。

詳しくは、上のリンクに示した県のホームページにに詳しく書かれています。

セアカゴケグモの概要は下記の通りです。

★毒があるのはメス

 特徴…体長10~15mm全体に暗褐色または黒色で、腹部背面に赤い帯状の模様。
 性質…おとなしく攻撃的ではない。驚かされると死んだふりをする。
 生息場所…陽当りがよく温かい所、昆虫などのエサが豊富な所、適当な隙間があるところに住む。
   側溝の側面やふたの裏側、花壇の周りの隙間、墓地の花立てや線香立ての隙間など。

★駆除方法

 足で踏み潰すか市販の殺虫剤を噴きつける。

★万が一噛まれたら

 水で洗い流し、患部を冷やしてすぐに病院(皮膚科・内科)へ

 


(最終更新日2014年09月30日)
トップページ » お知らせ&ニュース » 2014/09/30 セアカゴケグモにご注意を!