群馬県高崎市にある こだま幼稚園の公式ホームページです。

お気軽にお問い合わせください。
027-326-3055

幼児交通安全教室リスクラブ

6月16日(木)に高崎市交通安全課の方々による、リスクラブが行われました。

「みんなの命はいくつかな?」の質問に「ひとつ‼」と元気に答えた子ども達。

胸に手を当て、心臓の音を感じながらひとつしかない命を守るのは自分自身ということを教えていただきました。
リスクラブ信号の説明

 

まって、って、びださない」のとまとの約束や、車に乗る時は大人のシートベルトを使うと体が抜けてしまったり、首をしめてしまったりする為、自分のサイズに合ったチャイルドシートやジュニアシートを使うことで自分の身を守ることを映像や人形を使い学びました。
一時停止

チャイルドシート

シートベルトをする掛け声を「車に乗ったら座って1,2」と声に出して覚え、信号の渡り方も右、左、右と車が来ないか確認をし、手を挙げて渡る動きを実践しました。

最後に「かえるの約束」を全員で復唱して交通ルールを守る大切さを知り、お部屋に戻ってからもシートベルトの掛け声や信号の渡り方を子ども達同士確認する姿が見られました。
かえるの約束

「かえるの約束」

・「ふりかえる」・・・右、左、右の確認をする

・「きがえる」・・・夜の道では明るい服を着て反射板を体に付けて身を守る

・「ぶじかえる」・・・家に無事に帰る

(井)

リスクラブとは

『小さなうちから交通ルールの大切さを知り、交通事故から自分で自分の命を守れるよう、安全に道路を通行するための基本的な技能と知識を学びます。

とても動作が機敏で、注意力のあるかしこいリスにならって、道路では交通のお約束を守り、よく確かめて安全に歩きましょうと幼児交通安全教室を『リスクラブ』と呼んでいます。』

高崎市のホームページから)

リス


(最終更新日2016年06月30日)
トップページ » 幼稚園日誌 » 2016/06/16 リスクラブで交通安全のお約束!