群馬県高崎市にある こだま幼稚園の公式ホームページです。

お気軽にお問い合わせください。
027-326-3055

平成29年度 年長キャンプ

7月20日(木)・21日(金)に年長がキャンプへ行ってきました。

サファリパークへ向かうバスの中では元気に歌を歌っていて、今か今かと待ちわびている気持ちが伝わってきました。
 
キリン

 
サファリパークでは、たくさんの動物に出会ったり触れ合ったりすることができました!自由に触れるカブトムシやザリガニに大興奮な男の子と、ウサギを抱っこして「かわいい!」と優しくなでる女の子の姿は、とてもかわいらしかったです。

また、恐る恐るシカにおせんべいをあげていましたが、自分の手から食べてくれたときは、とても嬉しそうでした。

シカ

スイカ割りでは、みんなで「右!右!」「せーの!」等声を掛け合い、割れ目ができる度にスイカに近づいて「もう少しで割れそう!」と1回1回楽しみにしている様子でした。

スイカ割り

自分たちで割ったスイカはとても甘くて美味しく、笑顔がたくさん見られました。

○×クイズでは、サファリバスで運転手さんから聞いたお話や掲示板の内容を元に出題をして、楽しみました。子どもたちは、難しい問題にも関わらず、よく話を聞いて覚えていて、答えることができていました。素晴らしいですね!

キャンプファイヤーでは、火の神様の登場に驚きと喜びの声が聞こえ、大きく燃え上がる炎を「すごいね」「きれいだね」と言いながら眺める姿が見られました。

キャンプファイヤーを囲んで歌を歌った後、夏祭りのダンスを発表しました。

自分のクラスは勿論、他のクラスや先生のダンスも一緒に楽しんで踊っていました。

火の神様から花火のプレゼント、とてもきれいでしたね。

2日目は、山登りに挑戦しました。

高低のある山道を一所懸命に登りました。
 


 
「あとちょっと頑張ろう!」と、友だちを励ましたり、「大丈夫?」と気に掛けたりという場面も見られ、感心しました!

一所懸命登って展望台に着き、みんなで見た景色はとても綺麗で、忘れられない思い出になりました!

日常では体験することのできない自然の中で、子どもたちはたくさんのことを学び、自信をつけて、帰ってきました。

澄んだ空気や鳥の鳴き声などを五感で感じ、目をキラキラ輝かせていましたね。

荷物の整理整頓を上手にしようと工夫したり、困っている友達を助け、励まし合いながら、絆を深めることができていて、とても素晴らしかったです。

「自分のことは自分でする」と年長らしい姿が見られました。

自信がついて表情が変わっていった子どもたちが、これからも「自分のことは自分でする」という気持ちを忘れずに、たくさんのことに、積極的に挑戦する気持ちを持てるよう、取り組んでいきます! (小
須田)








(最終更新日2017年08月09日)
トップページ » 幼稚園日誌 » 2017/08/09 年長キャンプで忘れられない思い出づくり!